スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コーヒー基礎知識 ドリップポット

こんにちは EPです

今回もまた、ドリップコーヒーを淹れるのに使う道具を説明していきます

今回説明するのはドリップポットです
ドリップポットはなくても淹れることはできますがあると大変便利です

追記で詳しく説明していきます

ドリップポットというものは薬缶のようなものです
しかし大きく違う点があります。それは口の細さです

パール金属 暮らしにFit 18-8ステンレス製 ドリップポット 1.1L H-9475



みてわかるとおり、ドリップポットは注ぎ口が非常に細くなっています
ドリップコーヒーというのはお湯を細くゆっくりと注いでいかないといけないので口が細い方が適しているのです
このドリップポットは口が細いうのはもちろん、持つ部分が本体と接触していないため、熱くならないのがポイントです
現在私も仕様していますがこれといった不満はありません

話は変わりますがドリップポットでお湯を沸かす というのはお勧めできません
直火、IH対応していたとしても時間がかかってしまったり
うっかり目を離してそのまま忘れてしまって大惨事・・・・

なんてことになりかねないからです

「じゃあどうすればいいの?」
電気ケトル というものをお勧めします
電気ケトルは時間かからない 火を使わないため安全 沸騰したら自動でOFF
と、利点ばかりなため、非常にオススメです

私が使用している電気ケトルはこれ

DRETEC わくわくケトル 1.2L ブルー PO-101BL



見た目が小鳥のみたいにかわいいため、お湯を沸かすたびにワクワクします
電気ケトルも最近安くなってきているためこの機会に購入してみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト

2010/12/13(月) | 知識 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeebeans13.blog109.fc2.com/tb.php/8-3e289d94
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。