スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コーヒー基礎知識 ドリッパー、フィルター

今回はコーヒードリッパーとについて説明をしていきます
この道具はドリップコーヒーには必要不可欠です

それでは追記で本文に入ります

ドリップコーヒーをしていくのにはコーヒードリッパーは必要不可欠です
絶対に用意してください


ドリッパーには、プラスチック製のものと陶器製の2種類があります
ドリッパー、サーバー等はコーヒーを淹れるときに冷えていると、味が落ちてしまいます
そのためにコーヒーをドリップする前にお湯を軽くかけて温めるのですが
陶器製の場合は温めるのに少し多めにお湯をかけなければならないのですが、その分長い時間暖かい状態を保てます
プラスチック製は温めるのにあまり時間かかりませんがその分すぐさめてしまいます

また、値段的にはプラスチック製のほうが安価です

また、ドリッパーには大きく分けて2種類の形があります
台形型のものと円錐型です
「どうちがうの?」
簡単に言うと台形があっさり、円錐がじっくり淹れる
といった感じでしょうか

「どっちがいいの?」
どちらがいい だなんて不粋なこと
あっさりということは薄味で、軽く飲むのに適しており、
じっくりということは濃い味で、ゆっくりと味を楽しんだりするのに適しています

どちらがいいか というのはそれぞれ個人によって違うので自分に合った方を選んでください

Kalita 陶器製コーヒードリッパー 102-ロト ホワイト #02001



台形ドリッパー

ハリオ V60透過ドリッパー01 セラミックW 1-2杯用


円錐型ドリッパー
スポンサーサイト

2010/12/12(日) | 知識 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://coffeebeans13.blog109.fc2.com/tb.php/7-08ba97a3
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。